脚やせスクール 

脚やせ・美容に関するお役立ち情報いっぱいです♪

未分類 脚やせ

わずか1週間で脚やせ!体質別に解説♪ポイントは食事?運動?

投稿日:

脚を細くキレイにしたい!

そんな女性の願いは尽きません。

脚やせダイエットをするにあたり、
食事をまず見直してみましょう。

 

知らず知らずのうちに
脚を太くしてしまう食品を摂取しているかもしれません。

 

「食事制限は必要?食事制限不要?」

 

脚やせダイエットを試みるにあたり
食事を抑えることが近道だ!と思っている人もいます。

 

それは正しい判断なのでしょうか?
というのも、ひとそれぞれ体質が異なるからなのです。

 

全体的に肪がついている脂肪太りの場合、
食事制限をすることで、体全体が減量していくので脚やせも期待できます。

すなわち、
「食事制限で効果を得られやすい人」です。

上半身に比べ足が太めの下半身太りの人の場合、
脂肪ではなく

 

「むくみ」

「セルライト」

「硬くなった筋肉」

「骨盤のゆがみ」
が原因であることが多く、食事制限だけで脚やせを期待することは難しいと言えます。

すなわち
「食事制限で効果が得にくい人」です。

そういう人への効果的な対策3つ!

 

対策1:ストレッチやマッサージで血流をよくする
対策2:塩分を控えむくみをシャットアウト
対策3:ウォーキングで代謝をあげる

食事制限を意識せず別の方法を重視して脚やせを進めていきましょう!

 

 

「食事制限なしで脚やせする方法」とは?

食事制限をせずに脚やせする方法を見ていきましょう。

 

①毎日早朝に3キロのウォーキングやジョギングを行いましょう
消費カロリーは200〜600キロカロリー+発汗&代謝UPが期待できます。

ここでのポイントは大きく3つ。

ポイント①毎日やる
ポイント②サウナスーツやカッパを着用
ポイント③正しいフォームで行う

 

②週3回2時間「汗でTシャツがびしょびしょになるくらいの激しい運動」をする。
オススメなのはキックボクシングです。

スポーツの中でも持久力と瞬発力が求められるキックボクシングは
ウエスト、太もも、二の腕、背中もバランス良く引き締めることができます。

脚やせだけでなく、体全体的にスッキリとすること間違いなし!

 

他にはサッカー、水泳、テニス、バスケットボールが
2時間やると「汗でTシャツがびしょびしょになるくらいの激しい運動」に該当します。

上記のいずれかの方法を取り入れたからといって
食事制限をせずに、なんでもかんでも食べて良いというわけではありません。

 

バランスのとれた食事は重要です。
そして脚やせに適した食品を摂取することがポイントです。

 

「脚をむくませる食品TOP3」

すでにお話をしてきましたが、
脚が太い=「脂肪」とは限りません。

多くの女性が「むくみ」が原因で
太くなってしまっているのです。

普段食べている食品によって脚がむくんでいるとしたら
それはショッキング!

きちんと運動をしていても効果が現れにくく
はっきり言って損です!

 

では、脚がむくんでしまう食品とは何なんでしょうか?
TOP3を見てみましょう。

 

 

第1位:塩分=ナトリウム

からだの塩分濃度はあらかじめ決まっています。
必要以上の塩分を摂ってしまうと、薄めるために水分を取り込みやすくなります。

分かりやすく例を挙げてみましょう。

ラーメンを食べた時にスープまで飲み干したとします。
するとその直後から数時間にわたってのどが乾きますよね?

そして、水やジュースを普段よりも多く、頻繁に飲んでしまいます。

この状況が「必要以上の塩分を摂取し」「水分を取り込みやすくなる」
状態です。

この状況が体内に引き起こしているのは

血管の中の水分量が増えて、血管が押し広げられる。
そして血管の中の水分が染みだして、むくみが起こる。

結果、脚が太くなるのです。

対策方法は「しおからい!」と感じるたべものを避け
出汁、スパイス、ハーブを活用し塩分を控えた調理方法を取り入れる。

該当商品は、
*梅干しや漬物
*魚の練り物(意外でした・・・)
* ハム、ベーコン、ウインナーなど肉の加工食品
*ラーメン、ジャンクフード、ファストフード全般

第2位:「カフェイン」

①交感神経の刺激によって脚が太くなる

カフェインは交感神経を刺激して、からだが興奮状態になる 「アルデステロン」という副腎皮質ホルモンを分泌させます。
このホルモンには、水分とナトリウムを溜め込む働きがあり、

「アルデステロン」が増えすぎると、
体内のナトリウムの調節ができなくなってしまい、じわじわとむくみが蓄積されるのです。

②利尿作用で脚が太くなる

カフェインの利尿作用によって、からだは「水分不足」だと認識してしまい
水分を逃がさないように溜め込もうとするのです。

この溜まった水分がむくみを引き起こし、
カフェインは、むくみ解消に効果的な「カリウム」まで排出してしまうのです。

このダブルの悪循環によって
慢性的なむくみ脚になってしまうのです!!

対策方法は、カフェインの1日の摂取目安「400mg」を超えないように、
上手に付き合うことがポイントです。

該当商品は、
*玉露
*インスタントコーヒー
*ドリップコーヒー
*紅茶
*ウーロン茶
*緑茶 などです。

第3位:「糖分」

糖分を多く摂取してしまうと、糖分によってからだに水分が溜め込まれ、
全身の水分循環がうまくいかなくなります。

塩分を多く摂取した時同様に、水分が排出されないことで、
血管が圧迫されて押し広げられ 血管から水分が染みだし、むくみが起こります。

対策は、シンプルに「糖分断ち」をしてみるという方法です。
味気ないかもしれませんが、1,2週間で慣れてきます。

この方法が難しいと思われる人には、
撃退栄養素「ビタミンB1」摂取する方法がおススメです。

ビタミンB1には糖質の代謝を活発にしてくれる効果が望めます。

豚肉(ヒレ)、鶏レバー、うなぎの蒲焼、たまご、玄米
大豆、枝豆がビタミンB1を多く含む食品です。

また、サプリで摂るのも良いでしょう。

 

「むくみ解消に効く食品」

脚をむくませてしまう食品があることとは反対に
救世主とも言える「むくみ解消」に効く食品もあります。

脚がむくんでしまう食品第1位である
塩分を相殺できるのは「カリウム」です。

カリウムは塩分(ナトリウム)を排出する力があり、
日常的に摂るのはもちろん、塩分の多い食事をしたときにも効果的です!

食材に含まれるカリウムは水に流れやすい為、調理法に注意が必要です。
カリウムを多く含む食品には

パセリ、ホウレンソウ、 納豆、さつまいも
モロヘイヤ、アボカド、バナナ、落花生、 アーモンド などです。

 

「水」でむくみを撃退する方法

 

「水」は血液の循環を良くし、老廃物をスムーズに排出しますので、
リンパの流れを良くしてくれます。

一気飲みはせず、こまめに飲み、その分きちんとトイレで老廃物を排出することが
大事です。

効果的な飲み方は、寝起きにまず一杯。
お風呂に入る前と後、食事の30分前、おやすみの30分前です。

しかし、むやみやたらに多く飲めばよいわけではありません。
人それぞれ、飲む量が異なるからです。

1日に摂取しておきたい水の量は「体重×30ml」。
この量をこまめに少しずつ飲み続けることで巡りが良くなります。

では、硬水と軟水ではどちらが効果的なのでしょう?

硬水のメリットは代謝促進、脂肪吸収抑制、便秘解消。
ダイエットには理想的な効果が得られます。
デメリットは胃腸への負担、下痢、味が独特であるということです。

軟水のメリットは、日本の水は軟水なので味に慣れている事に加え、
硬水よりもお安く購入可能であるので経済的続けやすいという事です。

デメリットは硬水と比べるとミネラル、カルシウム量が少ないので
硬水ほどの効果は得られにくい。

こうみていくと、「硬水」のほうが効果的ですよね。
しかしながら、脚やせのポイントは水の質ではなく、

長く続けることで効果が出るということです。
よって、「硬水」「軟水」どちらであっても、

長くポイントをおさえて飲みづづけられるのであれば
効果が得られるといえます。

 

お手軽豆乳ダイエットをご紹介!

厳しい食事制限や運動は全くなく朝昼晩の食事の前などに
コップ1杯豆乳を飲むだけで脚やせに限らず、身体をすっきりさせてくれます。

大豆に含まれる成分が脚やせに効果があります。

「大豆サポニン」=抗酸化作用や血行促進
「大豆たんぱく質」=悪玉コレステロールを低下
「大豆レシチン」=コレステロール排出
「大豆ペプチド」=体脂肪を燃焼、基礎代謝UP

無調整豆乳」「調整豆乳」どちらが良い?

どの豆乳でも効果はあるといわれてはいますが、
1番効果が期待できるのは「無調整豆乳」です。

なぜかというと、大豆を搾ったままのものなので
砂糖や塩など余分なものが含まれていないからです。

その分、独特な豆乳臭さがあるので
この豆乳臭さが苦手だという人は調整豆乳豆乳飲料でも大丈夫です。

 

ただし果汁、砂糖が含まれるためカロリー高めなので
商品を選ぶ際にはカロリーや糖分の量をきちんと見て選ぶようにしましょう。

以下のポイントをおさえて飲んでみましょう!

 

 

1.時期:「生理7日前から生理日まで」がベスト

生理前に豆乳を飲むことで溜め込みを阻止できます。、
体内にある脂肪を代謝に使うことで痩せるという仕組み

2.飲む量は1日200mlまで

飲みすぎはカロリーオーバーになるので注意しましょう。

3.飲むタイミング:食前もしくは間食代わり

オススメなのが食前、もしくは間食代わりに飲むことです。
食事30分前に豆乳を飲むことで、満腹感が出て食事を少し減らすことができます。

バナナやゆでたサツマイモを加えると満腹度UPします!

いかがでしたか?

脚やせをするのには自分の体質を知ることから始まります。

そしてお手軽に長く続けやすい「豆乳ダイエット」で
むくみ解消!

適度な運動で引き締まった美脚を手に入れましょう!

スポンサーリンク

-未分類, 脚やせ

執筆者:


コメントする

関連記事

大きな顔の原因は?小顔になるには?

あなたは自分の顔を大きいと感じたことはありますか?   写真を撮る際に小顔に見えるように あごが隠れる位置にピースサインを作ってみたり、   顔の前で手を広げて撮ってみたり、 色々 …

痩せすぎを健康的に改善するには?

目次 「痩せている」と「痩せすぎ」は全く違うの? すでに、自分の体形がガリガリでコンプレックスと 感じているだけでも今より「太りたい!」と思うのは当然です。   ですが、   &n …

脚を細くするには?解決するサプリがあるというのは本当か?

突然ですがあなたは自分の脚を太いと思いますか? 「はい」と答えた人の多くは、     太っているからだ と考えているようなのですが、   女性の天敵である 「むくみ」が脚 …

瞳を大きくする方法はコレ!

自分の瞳をもう少し大きくすることができたら もっと魅力的になるんじゃないかと思ったことはありませんか? 瞳が大きい女性は、第一印象が違いますよね。 華やかにみえますし、可愛らしい印象です。 &nbsp …